千里の道もテクテクと・・・

アウトプットは最強の勉強法!
2013年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年11月
ARCHIVE ≫ 2013年11月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2013年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

11/29(金)のトレード

EUR/GBP H4
1129-4H.png


(黒い■あたりで考えていたこと)
大きな流れは下落。
上値は切り下げているが、安値を更新できずけっこう時間が経過している。
再びこのラインがサポートとなる可能性を考え、反転上昇の形になればロングしたいと考える。


EUR/GBP M15
1129M15.png

ずっとレジスタンスになっていたラインを上に突破。
その後、レジサポ転換ラインへリトレース、15分足1σ、5分足MA 反発でロングエントリー。
エントリーライン下には、1時間足MA(水色)、15分足MA(紺色)があるのである程度強いサポートを期待。

リミットは直近高値手前。
上から4時間足MA(青)も降りてきそうなので、反発下落する(?)前にはエグジットしたい。

ストップは、前回急落で刈られたのを教訓に、レジサポ転換ラインをもぐったところではなく、直近安値までガマン。


EUR/GBP M5
1129M5.png



(↓15分足)結果は・・・
1129損切り

直近高値手前、4時間足MAの手前まで上昇したのですが、リミットラインにわずか届かず。
そのままズルズル下がっていって、その後の急落場面で、直近安値に移動したストップにかかりました。


日足、4時間足の環境認識で、流れは下方向。

その中での短期トレンド転換を狙うのであれば、絶大な優位性はないのだから、慎重でなければいけません。

ほんのちょっとでリミットにかからなかったことは結果論であって、そもそもこの場面はまだロングを打つべき場所ではなかったのだと思います。

慎重にいくなら、安値更新した直近の戻り高値を上に突破してから目線をロングに切り替えるべきだったなと、反省です(´・ω・`)シュン。。

スポンサーサイト

11/27(水)のトレード

AUD/JPY 4時間足

aud4H.png

<水色のゾーン>
レジサポ転換ラインでもあり、何度かサポートとして機能している。
短期足で反転上昇の形になればロングエントリーしたいと考える。


AUD/JPY 15分足

AUDUSD15.png

底値圏でもみ合いレンジ形成。どちらにブレイクするか注目。

上にブレイクしたので、レンジ上限までリトレースあれば1時間足MA(水色)と15分足MA(紺色)がサポートとなってくれそうかな、と考える。

茶道の稽古に行く時間が来てしまったので、レンジ上限ちょぃ上にロング指値をする。
ストップはレンジに再びもぐってきたところ。
リミットは1時間MA(水色)は上に抜けたので、4時間足MA(青)の手前あたり。
ちょうど上昇時の押し目にもあたる。

帰宅後しばらくして、エントリー→リミットまで約定しました。


再び注目していたレンジ上まで下落。

水色のレンジ上限ちょぃ上、FIB61.8ライン、1時間足MA(水色)に反発しそうだと考え、1度目とほぼ同じラインでロング指値をセットしておきました。

ストップもリミットも、ほぼ同じでしたが、こちらは急落時ストップにかかってしまいました。
(AUD/JPY 15分足)

aud2.png


無事利益確定できると、もう一度トレードして損切りになるのが怖くて、その日は2回目のトレードをしないようにしていたのですが、昨日やってしまい、結果損切りとなりました。

指値トレードは便利ですが、急落で損切りにかかった後、チャートを見ていればリカバリーができる場面でもあります。
急落後、大陽線で考えていたいくつものレジスタンスを突破。
その後何度か1時間足MA(水色)にリトレース→反発しているところで、ストップとリミットはそのままでロングエントリーできる場面でもありました。

見ていたからといってエントリーできる勇気があるかは別として、一つのトレードに執着せず、上手に頭を切り替える。
そうできるためにも、やはり集中力が必要です。

視野がせまくなるような集中じゃなくて、柔軟な頭で素早い判断ができる集中力。

一つのトレードに執着や固執しないことが、柔軟な頭を作る上で大切なことなのかな?という気はします。


今日は髪を切りに行く予定です。
この固い頭をなんとかやわらかくするためにも、取り急ぎヘッドスパを追加しました!
柔らかい頭になるように、もみほぐしてもらおーっと(*^^*)
トレードに効果あるといいな♪



11/25(月)のトレード

突然ですが。
私にはチャートに向き合うまで時間がかかるという変な癖があります。

FX以外のやるべきことをちゃんと済ませて、コーヒー入れて、チョコを準備したりして、
「さぁ始めるぞ!」とチャートを開くのです。

それまでは(レートどうなっているのかな?)と気になっても、わざとチャートを開かないという、自分でも理解不能な変な癖。

でも、トレードを始めようというときにチャートを開いて環境認識して、そんなすぐにエントリーポイントなど来るはずがありません。

エントリーポイントが来ないからといって、そのときトレードできる場所を探す、という自分本位なやり方では、優位性の高いところでのトレードは難しいです。

環境認識をして、「ここまで来たらこうしよう」というところにレートが来るまでどのみち時間がかかるんだから。
その待ち時間にFX以外の用事をすればいいんだ☆
と、すごーく当たり前のことに、この週末気が付きました。

一日の一番最初にチャートを開いて環境認識をする。
環境認識ありきの一日を過ごす。
自分の生活をチャートに合わせる。

早速今日から実践しました(*^^)v


GBP/USD

4時間足
何度もレジスタンスとなっているピンクゾーンあたりを越えられず、短期足で下落の形になったらショートエントリーしようと考えていました。

4時間


15分足
オーナー師匠メルマガ鉄板手法にてエントリー。
指値を迷っている間にカギとなるロウソク足の安値を割ったので、成行で入ってしまいました。
「これ、成行でやらないでくださいね!」は覚えてます(´・ω・)スミマセン

GBPUSD15.png

利益確定は
・直近安値
・直近レンジ下限手前
・FIB38.2&レジサポ転換ライン手前

この3つで迷いましたが、
直近レンジ下限手前は1時間足でボリバン-2σの位置だったので一度反発する可能性が高いと思い、そこに決済の指値を置きました。


席を外している間に無事利益確定していました。

利確


今(23時半)はFIB38.2ラインを下に突破していますね。
損切りラインは決まっているけど、リミット設定って難しいものなのですね。



(恒例のFXと関係ない話)

昨日は富士スピードウェイへ行ってました。

SUPER GT今シーズン最後のレースでもあるし、年に一度往年の名ドライバーが走る「レジェンドカップ」というレースもあります。
いつも静岡のゴルフコンペでお世話になっている方たちが走るので、その応援に行きました。

DSC_1219.jpg


レジェンドカップのスタート風景↓
快晴で、富士山もきれいに見えました。
サーキットと富士山って、贅沢なコラボですね☆

無題


GT300クラスで私が応援しているチームのマシンです。↓
メルセデスベンツ SLS AMG マットブラックでかっこいい☆
レースクイーンの美脚がまぶしいです(笑)

DSC_1146.jpg


レースの合間はピット裏のモニターがあるところでみなさんと一緒に居させてもらいました。
ピット裏のパドックエリアはこんな風になっています↓

2013-1124-103016756.jpg


週に2回も静岡往復運転したせいか、腰がすごく痛いです。

帰り道、最初はFX音声を聴いていたのですが、道を間違えて御殿場インターにたどり着けないし、眠気が半端ないので、ノリノリの音楽に変更(笑)
結局、大井松田から東名高速にのって、なんとか帰還できました(*^-^*)

昨日の結果は・・・

金曜日の午前中にロングエントリーしたUSD/CHFはストップにかかってしまいました。

損切りになったときはいつも、

しょうがない取引だったと言えるのか(考え方は合っている)

そもそもエントリーしてはいけないところだったのか

判断がまだ難しいです。
時間足によっていろんな考え方ができるし。

そのどちらなのかって、けっこう大事なことだと思います。



(恒例の)全然関係ないのですが、

昨日は「東京モーターショー」のプレビューナイト(前夜祭)に行ってきました。

夢をもらいに(*^-^*)

オーナー師匠が狙っているレクサス、
なんだかごっつぃFaceのがありましたよ~(笑)
思い切って、いかがですか??

DSC_1092.jpg

各メーカー、電気自動車を出展していました。
ガソリンスタンドみたいな、電気スタンドから充電するんですね☆

DSC_1096.jpg


新型NSXも観ることができました。

DSC_1127.jpg

INFORMATIONで質問しているクマモン発見(笑)

DSC_1114.jpg


夢をもらってきたので、来週からまたがんばれそうです(*^^)v

11/22のエントリー

今週はPCの前にじっと座っていられる時間が持てず、そんなチャチャっと環境認識して指値トレードすることもできないし、優位性のありそうなところを見つけても躊躇したりためらったりで、トレードができていませんでした。

今朝、エントリーしてみたのでブログ書いてます。

USD/CHF

先日、カップアンドハンドルの記事で注目していた通貨です。

週足
今は高値、安値を切り下げて、週足MAを越えられないという状態。
Wトップとなるのか?
もしくは上昇中のレンジなのか?
週足


日足
直近安値手前の戻りを突破したので
いったん下降トレンド崩れた可能性がある
日足MAを上に突破し、リトレースするも日足MAがサポートになっている
トレンドラインも上に抜けてサポレジ転換。
トレンド転換第2波となるポイントかな(´・ω・`)?

日足


ということでロングエントリーポイント待ち。

4時間足
上昇FIB50あたりで反発。
上昇巡航速度。まだ上昇圧力ありと判断。

日足MA(赤)にも反発。

今、FIB38.2ラインと4時間足MA反発。
4H.png


ということで、ロングエントリーしてみました。

今からまた出かけるので、スマホで1時間おきにチェックしたいと思います。
今は1時間足のMAが上から襲いかかってきていて、もしかしたら行く手をはばまれる(´・ω・)?というような感じです。



全然関係ないのですが(また?(笑))
昨日は静岡のゴルフコンペに参加してました。

早朝の高速道路の風景って好きです。

静岡といえば世界遺産に登録された富士山。
10月に行ったときは茶色で全然キレイじゃなかったのに、今回は雪をかぶってました(*^-^*)
早朝なのでまだ月も見えてキレイ・・・・。
しばらくサービスエリアでコーヒー片手にながめるという最高に贅沢な時間。

DSC_1085.jpg


「沼津ゴルフクラブ」でラウンドでしたが、グリーンがトーナメント並みに速い!
のぼりのパットはカップ横10センチのところまでナイスタッチで打てても、元の場所まで下って戻ってくるし、
下りのパットはカップ外せばグリーン外まで加速しながら転がるし、もう大変。
入れるしかない、という感じでした。

パーオンしても3パット、4パットばかり。
47 44 の91点で21人中8位でした。

11月の終わりだというのに、半袖でもOKなくらいのあたたかさ。
空は真っ青、風もあまりなく、言うことなしのゴルフ日和でした(*^-^*)


11/18(月)指値トレード

今、私は9通貨を表示させ、まず日足と4時間足チャートを見て水平線とトレンドラインを引きます。

そして、トレードプランを考えるのですが、一度チャートから目を離すと、どの通貨のどの部分を狙っていたのか分からなくなります(´・ω・`)

勝っているトレーダーさんは、チャートが目の前になくても、
「昨日のあの通貨のあの動きがどうのこうの・・・」と覚えているのに。

ゴルフもそうなんです。
プロやトップアマの人って、その日ラウンドした18ホールの景色も
同じ組でまわった4人がどこでどうなって何点打ったか、4人分覚えています。

しかも何か月か前のラウンドでも、どんなコースだったとか4人分のプレーを18ホール分言えたりするからびっくりです。

暗記、というよりは、イメージで覚えているのでしょうか?
このへんの脳の仕組みはぜひ一度、調べてみようと思っています。


話は戻りますが、
せっかくがんばった環境認識を忘れてしまっても大丈夫なように、最近は色を付けて分かりやすくしています。

水平線やトレンドライン、FIBの関係で、ここで反発したらショート目線と考えているところにピンクの帯、
ロング目線と思っているところにブルーの帯。

そして、「もう少しでフシに来そう」とか
「根拠がいっぱいあって反発する可能性が高そう」とか、
今、注目している通貨の背景は色を変えてます。

9通貨

これで目を離しても大丈夫(*^^)v


EUR/JPY
長期足を見ると何度もレジスタンスとなっている付近にピンクの帯を引いていました。
30分足↓を見ていたところ、ちっちゃいWトップからMA割れ、-2σ突破して直近高値の直前の押し目を下回ったので
いったん上昇トレンドは崩れた、と考えました。

30.png

15分足↓に切り替えてFIBを引いて。
サポレジ転換ライン(緑の短い線)までリトレースしたら、15分足MAと1時間MA(水色)もレジスタンスとなってポジションを守ってくれそうな位置だな、と思っていましたが、外出の予定があったので、指値をして出かけました。

指値

下落の勢いがありそうだったので約定していないかな?と思っていましたが、帰宅後約定していました。
しかも20pipsくらい利がのっていました。
エントリーポイントの波からもう一波できていたので、ストップを移動(青○のところ)。

でも結局、それ以上大きく下げることはなく、レートは戻っていき、微益でストップにかかりました。

エグジット


大きく見ると、まだまだ上昇トレンド中。
ショートは早め決済を意識すると、利益確定は直近高値の手前くらいにおくべきでした。
しかもそこは左側チャートにおいても重要なラインです。
見えていなかった・・・
環境認識って、ちゃんと細部までしておかなければいけないですね。


エントリーからエグジットまでちゃんと決められるような場面なら指値トレードいいですね☆

エントリーに迷うこともないし、損切りが遅れることも、チキン利食いもないし、チャートを見ていなくていいぶん、ストレスもありません。
引きつけて、のトレードにもなります。

デメリットは・・・
約定できないこともある、と
裁量による臨機応変な対応ができない、ということかな??
でもそんな裁量はまだ備わっていないので、これからも指値トレードを使えそうな場面では使ってみたいと思います。

さっき、リンダ☆さんの今日のトレードを見てきました。
いつも視点の切り替えが柔軟で上手で、今日のトレードもすばらしかったです。
リンダ☆さんがトレードしているとき、私はストップにかかったことで思考停止していました。
リミット設定などへの独り反省会中でした。
あの場面にロングのチャンスがあること、まったく見えていませんでした。

ひとつのトレードに執着しない。
ピンチのあとにチャンスが来ることはよくあることだ。
自分のトレードを振り返ることはとても大切です。

でも、「はぃ!次!」と、
頭や目線を切り替えた次の環境認識ができるようにならなければいけないんだな、と勉強になりました(*^-^*)




11/14(木)のトレード

由佑子さんのブログ とれ女の品格
リンダ☆さんのブログ リンダ☆のFXでHappy Life

訪問は日課になっていますが、私のブログのリンク貼ってくださっていることに昨日気づきましたΣ(・ω・ノ)ノ!
載せていただきありがとうございます!すごく嬉しく光栄です☆
で、でも・・・そのリンク一覧に私のブログが並んでていいんでしょうか(>_<)

トレード結果の良し悪しはさておき(笑)、研究生としていい内容のブログにしていけるようがんばります!
(由佑子さんとリンダ☆さんの顔にドロを塗るわけにはいかぬ☆ヤル気スイッチオン)

トレードは独りでするものだけど、
独りでは続かない。
こういうことなんですね、オーナー師匠。
大切な仲間を見つけなさい、というのは。


ドロを塗るわけにはいかぬ、と言ったそばから

昨日はダメなこと連発トレードでした(´・ω・`)

EUR/USD 15分足
EURUSD15.png


MA反発上昇してきてWトップ。
ネックライン割れて、MA割れて、-2σタッチ。
FIBを引いてみる。

レートはあまり戻らず、MAが歩み寄ってくるのはまだ下へ行きたがっている可能性大。
で、そこのMA反発(2波)で入るべきだったのかもしれませんが、
背となるラインがなく見送ってしまいました。
あとで気づきましたが、MA突破失敗のときのオーナー師匠鉄板場面ですね。

3波目のMA反発は、直前の押しが1時間足のMA(水色)でキレイに反発、そしてサポレジ転換ライン反発でもあるし
何本かの陰線を覆うほどの大陽線。MAも実体で抜けているし・・・(怖)見送りました。

結局MA上に突破失敗、そして1時間足MA・FIB38.2・レジサポ転換ラインを一気に抜いて下落。

おとといのように♪
FIB38.2までリトレースする頃に、いい具合に15分足MAが降りてきて、あわよくば1時間足のMA(水色)も私を守ってくれるかも(´艸`*)
と妄想して、ピンクゾーン付近でエントリー待ち。

全然戻さず、FIB50抜け、FIB61.8に差し掛かったそのとき☆
「あ!走る61.8だ(*'▽')」
で、飛び乗りショート。

全然勢いなく、モタモタするので、周囲に目をやると、走る根拠・・・(゜.゜)?ストップ設置場所となるような重要押し目もない。
なんならすぐ下には4時間足のMA(青)や日足で引いた上昇FIBの38.2戻しラインもある。

私のやっちまった感や、ドキドキハラハラがばれているかのように

下にいこっかな~
いややめとこ~
グングン落ちると見せかけて~
そうじゃな~ぃ♪
と、その一本のロウソク足の上に、いじわるそうな顔したトレーダーたちが見えました。

結局、自信を持てる根拠がないところで耐えられるわけもなく、5pipsでエグジット。
その後もう一段下落していったので、こんなところで耐える必要はないのだけれどもなんだか余計ダメトレードだった感があります。
でもそれは結果論であり、本来ならエントリーすべきところではない。
3波目、4波目でも遅いのに、反転しそうな根拠満載のところでショートなんて終焉ピエロだ(´・ω・)


反省すべきところと気づいたこと

待っている場所まで戻らずイライラすると、「走らないFIB61.8」が「走るFIB61.8」に見える魔法がかかる。

しっかり根拠を説明できるエントリーポイントじゃないと、保有中のメンタルはおもしろいように一喜一憂。
これじゃギャンブルだ。

どの波のどの部分をどうなったらどうやって取りに行くのか。そのときストップをどこにおき、どこで利益確定するのか。
慣れるまではそこまできっちり決まったトレードだけをたんたんとやる。
先日の由佑子さんのブログでも、「淡々とやるだけ」って書いてありました。

エントリーからエグジットまで、シナリオを作ってそれに従うのみ☆

11/13(水)のトレード

などと、リンダさんのように題名を書いてみましたが、

こんな題名でブログを書くのは、記念すべき第一号です(笑)
調子に乗ってすみませんm(__)m

おととい配信されたオーナー師匠からのメルマガ動画
「そこ狙ってるようじゃ遅いんだよ!」を観て、改めて気付かされました。

みんなが万全を期して
「買いだ!」「売りだ!」とエントリーするようなポイントは
「もう優位性はない」「遅い」と。

私のように、いざトレードというとき、いろんなことを考えて、細かいところまで見て慎重に慎重を重ねるのはなぜか?それは無意識のうちにトレード結果の確実性を求めているからだと思います。
FXの世界でそんなものナンセンスと頭では分かっているのに。

そしてその意味のない確実性を求めて迷っている間に優位性を失う可能性があるのです。
トレードにはいろんな「リスク」がありますが、「機会損失」も立派なリスク!と、以前みつしろさんもおっしゃってました。

じゃあ、いっそうのこと、長期足でのしっかりとした環境認識のもと、ここでこうなったらこうしよう、というのが決まっているのであれば、
エントリータイミングというのは極端におかしくない限り、けっこう大ざっぱに見てもいいのかな?と思いました。
5pips以内の超スキャルだと大ざっぱは致命的ですが・・・。

今日見ていたのはEUR/JPY。

4時間足
4h

直近高値を突破、日足MA(赤)も突破していたので
押しが入ってきている途中までは、直近高値レジサポ転換、日足MAがサポートになって上昇するのかな?
と思っていましたが、
日足MAを下にもぐりこみ、上昇のトレンドラインを下に割り、4時間足高値を切り下げている。


15分足を見てみると、
直近高値をつけにいった手前の押し目も下回っている。

15m無題

昨日観た「遅いんだよ!」動画を思い出し、ピンクのゾーン付近で反発下落のサインがでたら第2波をショートエントリーしようと思っていました。
そして、MAで反発下落、その後下値サポートライン割れで「エイヤ」とショートエントリーしました。
(サポレジ転換ライン、MAが自分のポジションを守ってくれる←ぷーさん語録)と思って、直近もみ合いのところで下げ渋るまで待てました。


このブログを書いていてチャートから目を離していましたが、
ふと見るとすごく上昇していて、さっきの取引への恐怖を覚えましたが、
下落してきた相場がMAを上に突破して2σタッチ、上値抵抗線と1時間足MA(水色)で長いスパイクが出たのでレジスタンスとして反応していると考え、MAまでを狙ってショートエントリーしました。

m15


今日はうまくいったけど、優位性のあるエントリーポイントが何回か来る、というのとポジポジ病は違います。
躊躇なくエントリーできるようになったとき、そこを絶対見失わないように意識し続けたいです。



全然関係ないのですが、

今日は茶道(表千家)の稽古でした。
いよいよ炉開きの時期です。
今日は口切りの茶事でした。
春に摘んだ新茶を壺の中で半年間熟成させておき、11月の炉開きのときに壺からお茶を取り出す、「茶人の正月」といわれる行事です。
(床の間に置いてある、オレンジの網がかかった壺が茶壺)

DSC_1059.jpg


お茶菓子も秋らしさ全開で、美味しかったです(*^-^*)

2013-1113-151221337.jpg


DSC_1066.jpg

カップアンドハンドル

いろんな動画を観かえして学習を進めています。

先日視聴した、みつしろさんのブログで紹介されている動画
「逆張りに最適な超おいしいチャートパターン」
カップアンドハンドルが分かりやすく説明されていますが、

当てはまりそうなチャートがあったので考察していました。


USD/CHF 4時間足
USDCHF4H.png

下落の起点となったラインまでレートが戻り、
いったんそのラインがレジスタンスとなりハンドル部分を作る。
(動画ではこのハンドル部分は逆張りショートを狙うところ)

ハンドル部分チャネルラインを上に突破。
(この場合は真○の戻りラインをも上に突破している)

突破後、いったん押しを形成し、レジスタンスラインだったところがサポートになったのが確認できればロングでついていく。

青○がエントリーポイントと考えられます。
狙いは直近高値手前。

で、私の課題は・・・そこでどうやって入っていくのか。


USD/CHF 1時間足
USDCHF1H.png

ピンクのゾーンでロングを待っているのだから、
1時間足MA反発で思い切ってエントリーするのか。
(思い切ってと言ってる時点でメンタルに問題が・・・(笑))


USD/CHF 15分足
USDCHF15M.png

短期足(15分足)でタイミングをはかろうとする場合・・・
ピンクゾーンでスパイク、押しの上値抵抗線を上に突破。
ダウ5点目&MA反発でエントリー?

タイミングが難しい。
この場合15分足でタイミングをとるには、どう考えたらいいのだろう?
そもそもこの場合においては、15分足でタイミングを取ること自体に無理があるのだろうか?


みつしろさんやオーナーさんの動画を観たときはいつも「ほほ~ぉ、なるほど!」と思いますが、実際のチャートを使って自分で考察すると、またもう一段勉強になりますし、疑問も浮かんでくるものですね(*^-^*)


横浜プチTrip

金曜日は横浜へ行ってました。

茶道(表千家)でご一緒させていただいている方とランチです♪

最近ハマっているイタリアンをリクエストしたところ、
「ビストロベベ」というコスパ最高の人気店を予約してくれました(*^-^*)

前菜
2013-1108-114333441.jpg

2013-1108-115436262.jpg


パスタ
2013-1108-121555236.jpg



メイン(鶏肉)
2013-1108-123929543.jpg


デザートとコーヒー
2013-1108-130632781.jpg

これで2,000円♪
大満足です(´艸`*)


ランチのあとは、
アメリカ山公園と外国人墓地

異人館をめぐり・・・

港の見える丘公園

山下公園を通って・・・

氷川丸

大さん橋にはASUKAⅡ
あすか


3時間くらい歩き続けてのども乾いたので
Eggs'n Thingsへ。
「たくさん歩いたからいいよね~」キャッキャッ!(^^)!
と二人で納得し合いながら・・・

エッグベネディクト
無題

ブルーベリーパンケーキ
ぱん


そして最後に北京飯店で五目まんと餡まん買って東京へ戻りました。


夜は新宿で約束があったのですが、こんなギリギリになるとはΣ(・ω・ノ)ノ!
しかも、「さっきパンケーキいっぱい食べたばっかり」とは言えず、普通にハンバーグ定食を食べました(´・ω・`)

北京飯店の五目まんと餡まんを友達の分も買ってきてたので渡すと、友達からもオシャレな手土産が(*^-^*)

DSC_1052.jpg

こういうちょっとした気持ちが本当に嬉しいです♪

雇用統計の動きは帰宅してからチャートを確認しました。

こんなに丸一日遊んでしまうと、以前、音声かメルマガかでみつしろさんがおっしゃっていた、
「長い人生のほんの一部の時間です。なにかを成し遂げるまで遊ぶのやめてみたらどうですか?」
という言葉がグサグサ刺さります。

しかも、食べ過ぎです(´・ω・`)ブー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。